睡眠薬の種類を知る | 睡眠薬を正しく使って不眠症改善/不眠症の種類を理解しよう

睡眠薬の種類を知る

「睡眠薬の種類を知る」のイメージピクチャです。

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害と不眠症には4種類の症状があります。
先ほども言ったように、まだ日常生活に支障をきたしていないレベルであればいいですが、もしこれらの症状によって日常的に悪影響が出ているのであれば、それは不眠症である可能性が非常に高くなります。
事態がより深刻な状態になる前に、しっかり治療・改善をおこないましょう。

不眠症の治療ですが、精神科医などに行くことで診察してもらうことができますし、睡眠薬を処方してもらうこともできます。
専門家である医師から適切な睡眠薬を処方してもらえますし、その服用方法も正しく教わることができますので安心して治療することができるでしょう。
しかし、ただ言われたとおりに睡眠薬を使用していくのではなく、みなさん自身も睡眠薬に対する知識をある程度は持っておくべきです。

睡眠薬の種類は非常に多く、その中でも特に日本で処方されているのがベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の2種類です。
どちらも睡眠薬としての強さにそこまでの差はありません。
効き目辞退に差はほとんどないのですが、効果が最大限に発揮されるまでの時間が違います。
超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型と4種類に分けることができますので覚えておきましょう。
なかなか寝付けなくて困っている場合であれば即効性に優れた超短時間型、途中で起きてしまうことに困っている場合であれば数時間後に効き目が最大になる長時間型といったように、みなさんの状態に応じて使い分けていきましょう。